iPadをリアルタイムGPSロガーにする

GPS-Trk2 for iPad でのGPSログ表示


GPSで位置情報を記録する「GPSロガー」、世間ではどれだけ普及しているのか分かりませんが、一昨年の3月18日の記事にも書いたHOLUX m-241を持っている人が私の周りの場合やたら多かったりします。小型軽量、単三電池1本で長時間稼働と優れもののこの機械、欠点としては最初にGPS衛星の信号を捉えるのに長いと数分停止していなくてはいけないこと、あと当たり前ではあるのですが、記録したログが後からしか見ることが出来ないことがあります。前者については現在から数日分の衛星位置情報をダウンロードして利用する「AGPS」に対応しているロガーであればある程度カバーできますが、それでもパソコンを使って準備するというのは結構面倒な話です。
一方、GPS内蔵の携帯電話の場合、常に携帯基地局と通信しているため位置をすぐ確定することが出来ます(参考記事)。スマートフォンにはこれを利用したGPSソフトがいくつもあり、iPhoneにも海外製を中心に多くのソフトがあります。私も色々と試してみて、今は人に勧められて使い始めた「GPS-Trk2」を使うようになっています。このソフトは競合に比べて電池の保ちがよく、iPhone本体のGPS性能もm-241に劣らないところですが、そうは言ってもiPhone単体で一日使うには少々電池が心許ない感じではあります。そこでiPad版も購入して使ってみましたが、iPad2で朝から夜まで12時間ほど使ってもまだ半分近く電池が残っており、安心して使うことが出来ました。
このソフト、GPSの軌跡が延びてゆくのをリアルタイムに見ることが出来るところが面白く、ここは単体のロガーでは絶対に味わえないところです。特にiPad版では大画面で見る軌跡が実によくて、3Gモデルを持っている方には購入を強くお薦めしたいと思います(リンク)。とりわけGPS地上絵を描く方など、このために3G版iPadを買ってもいいくらいではないでしょうか(言い過ぎ)。