えち鉄のラッセルを見た(その2)

110129 雪壁の向こうを走るえち鉄ラッセル
福大前西福井駅近くでいきなり作業中のラッセル車を撮れたことで嬉しくなり、福井に戻って喫茶店でのんびりしていましたが、「せっかく一日券を買ったのだから、途中で引き返した勝山永平寺線を今度は最後まで行ってやろう」と再び電車に乗り、のんびりと曇ったガラス窓の向こうを眺めていたところ、山王駅になんとラッセル車の姿が!知らぬ間に勝山まで行った帰りなのか、それともここで待避なのか、悩んでいるうちに電車は発車してしまいました。
しかし時々雪をはね飛ばす鈍い音を聞いているうちに、これは追い抜きと確信、急遽保田駅で下車して川沿いのカーブ区間で待ち構えます。線路沿いは雪の壁、やがてその中をかき分けてラッセル車は過ぎてゆきました。

“えち鉄のラッセルを見た(その2)” への 1 件のフィードバック

  1. お久しぶりです。
    えち鉄のラッセルなかなかの迫力ですね。
    こんな光景が現在でも見られるのは結構奇跡ですね。。

コメントは受け付けていません。