調布で針穴写真を見てきた

160506 ピンホール写真展会場入口
今日は京王線に乗って調布までちょっと写真展を見に行ってきました。調布市役所の隣り、調布市文化会館たづくりで開催中の「ピンホール(針穴)写真展 やわらかな光、ゆるやかな時間」です。
針穴写真独特のソフトな描写、深い被写界深度、そして超スローシャッターが生み出す世界を堪能してきましたが、中には「針鉄写真」、「ペットボトルと旅」という鉄道の旅に題材を求めたシリーズもあって、旅の持つロマンと針穴写真の相性はいいなと思いました。よくある鉄道写真とは違うこういう写真を見るのはいろいろ刺激を受けていいですね。会期は今月22日まで、おすすめです。